読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SAMMY’s blog

好きなものこそが人生を彩る!

西安旅行記②

旅のはなし

だいぶ間が空いてしまったけど

西安旅行のつづき。

 

二日目は朝から外でごはん。

食べたのはこれ。

f:id:RAINYSAMMY:20161020192133j:image

胡辣汤(ウーラータン)と七宝粥。

胡辣汤は名前の通り胡椒のスープ。

かなり胡椒が効いていて

野菜やお団子が入ってる。

辛さより胡椒がくる。

七宝粥はやや甘め。

甘酒をかなーり薄めに溶いたような甘さ。

なつめや雑穀など

7種類の食材が入ってることから

「七宝」粥というらしい。

手前は肉まんと野菜まん。

日本のコンビニまんと比べると

生地がしっかりしてる。美味。

 

午前中は彼の住んでいたあたりを散策。

 f:id:RAINYSAMMY:20161020193352j:image

屋台的なお店が多い。

くるみや果物、麺(!)とかも売ってる。

f:id:RAINYSAMMY:20161020193417j:image

西安交通大学前。

風船おばさんは

近所の公園の子供たちのために

飛んで行ってしまうんじゃないか

ってくらいたくさんの風船を担いでいた。

夏休み中だからか大学は静かだった。

f:id:RAINYSAMMY:20161020193446j:image

緑が美しい。

f:id:RAINYSAMMY:20161020193933j:image

ニワトリが柵から出てたりね。

どうやって出たの。飛べるの?

 

お昼は西安料理のお店。

彼のおじいちゃんや

おじさんおばさんいとこ達

総勢9名で円卓を囲む。

美味しいものは色々あったけど

サツマイモの葉の炒めもの(激にんにく)が

最高だった。

「日本にもあればいいのに」

と言ったら

「昔は他にないから

サツマイモの葉も食べてたんだよ」

と言われた。

選択した上でのサツマイモの葉、と

選択の余地がなく

仕方なく手に取ったサツマイモの葉では、

同じ味でも価値に差が出るよな。

いろんな食材がある今でも

そういう経緯からサツマイモの葉に

価値を感じないのかもしれないな。

 

中国語をほとんど話せない私にも

みんなたくさん話しかけてくれて

たくさん料理を取り分けてくれて

大家族、いいな

と思った。

きっと面倒もあるのだろうけど

みんなで仲間に入れようとしてくれてる感じが

ハートフルだった。

わいわい最高。

 

f:id:RAINYSAMMY:20161020194037j:image

彼とおじいちゃん。

 

午後は書院門で

石に彫られた美しい字をひたすら眺めた。

その昔、美しい字を書けることは

ステータスの1つで

みんなが字を習い違ったらしい。

そこで美しい字を石に彫って残し、

彫られた字を拓本してお手本にし

みんなが字を学んだとのこと。

今でも書院門の辺りは

字で生計を立てている方が多く住む。

近くには書の学校もあり、

字を学びたい人々がここへ集まり

学び、精進し、

この辺りにお店を持って身を立てる。

実際の拓本作業も目にした。

f:id:RAINYSAMMY:20161021193552p:image

書で生きていく、

と決めたのはいつ頃なんだろう。

f:id:RAINYSAMMY:20161021085749j:image

 

夕ご飯になまずの鍋を食べた。

噛まなくていいほど柔らかい身だった。

なまずは生臭いと聞いてたけど、

全くわからなかった。

というのも、鍋が辛すぎた、、

花山椒が目いっぱい入ってて

舌がしびれるしびれる。

写真がないのが残念。

 

 二日目はこれにて終了!!